CとJD

デンマークはコペンハーゲンで女子大生が生活してみる(7/13〜2/17)

ヘルシンガーというところに来ました

 

こんにちは~~~

 

 

私は今、コペンハーゲンを離れまして

電車で1時間ぐらいのところにあるヘルシンガーというところにいます

 

なぜここにいるかというと、

2週間前から学校に通っているのです(^v^)

全寮制の学校なので、住んでるですね

 

ワーホリで来たのはいいものの、友達もいないし

デンマーク語も使えない私がなけなしの英語のみで働くのは無謀すぎると思いまして

オールイングリッシュの学校に少しだけお世話になることにしました

ここには6週間いる予定です

 

 

というのも、デンマークには独自の成人教育機関がありまして

フォルケホイスコーレと呼ばれているのですが、

基本的に全寮制なのでほかの生徒たちと共同生活になります

部屋代、食費、水道光熱費、諸活動費もろもろ含めて月約10万円です

 

フォルケホイスコーレでは平日は授業を受けなければならないのですが

普通の日本の学校のように在学中に試験もなく、成績もつけられません

プレッシャーを感じる必要がないのでのびのびと授業に参加できるのが魅力です

 

 

私はIPC(International People's College)に通っています

http://www.ipc.dk/

デンマークでは結構有名なフォルケホイスコーレだと思います

 

来てみて驚いたのですが、日本人の生徒が意外と多い!

あとは韓国、ベトナムアジア諸国とメキシコ、ドイツからの生徒が多い印象です

 

今は秋学期なので、高校を卒業したばかりの若い子たちがたくさんいます

基本的に日本ではそうだと思いますが、私が高校生だったときは

高校卒業後は就職するか大学や専門学校に進学するかの2択しかなかったので

正直、ここにきて何を学ぶんだろう~と思いました。笑

今でも彼らがここに学びに来た目的はわかってないです。笑

 

 

授業は思っていたよりも多ジャンルのことが学べるかなって感じです

 

正直、私がIPCに入った目的は友達を作るとか生活に慣れるとか

本当に適当な理由だったのでどんな授業があるかなどちゃんと見てなくて

多国籍な人たちが集まる学校だから英会話の授業とかあるのかなーとか、

歴史の授業とかそういう堅苦しいのしかないのかなーとか思っていました(笑)

 

実際は英語、デンマーク語などなど座学ももちろんありますが、
フィールドワークやグループ活動をする授業も充実しています

 

座学といっても、グループで話し合う機会が多いです

例えば、私はジェンダーについての授業を受けているのですが

ただパワポを使って説明してもらうだけではなく自分の意見を言う場が必ずあります

 

あとはさすが北欧なだけあって、デザイン系の授業もちゃんとあります

私がとってるデザイン系の授業では2週連続で美術館に行きました(^v^)

デザインとか見るの好きだけど絵描くのは嫌いだよ勢には本当にうれしいです

 

 

授業以外では共同スペースで会話を楽しんだり、スポーツを楽しんだり

気の合う人とお酒を飲んだり、、(今のところこれが一番楽しい)

寮という縛られた場所にいますがみんな割と自由に生活しています

 

 

今のところ来てみて後悔はないので、、

 

デンマークに留学するならフォルケホイスコーレで学ぶのも

一つの手だと思います。詳細はHPをぜひご覧ください。笑

 

IPCでの生活は残り1か月しかありませんが、また何かあれば随時書いていきます

 

 

 

それでは明日も朝から授業がんばります( ◠ ‿   ◠ )